Tackle   〜どんな竿にどんなリール!?糸の太さや疑似餌の種類、便利グッズなどをご紹介〜

※クリックで各ゲームのタックル(道具)をご覧いただけます。

 

ティップランに必要な釣り道具

竿の穂先でイカの当たりをとり合わせていくティップランですが、何よりも大切なのが穂先の柔らかい竿です。穂先の柔らかい竿を使う事により従来のエギングでは感知できなかった小さな当たりを穂先で感じ、合わせていく事でより多くのイカを釣り上げる事ができます。

 

 

釣竿・リール・糸

タックルはスピニングタックルがメインとなります。6フィート(150㎝)〜7フィート台(180㎝)の釣竿であれば行えますが、より快適に・より楽しく・より多くイカを釣り上げたい方にはティップラン専用タックルをオススメします。専用タックルを使うと「イカの当たりを明確に捉えることができ釣り上げるイカの数に差がでる」などの 利点が生まれよりティップランを楽しむことができるでしょう。

ティップラン専用ロッドは「ソリッドティップ」という非常に繊細なティップ(穂先)を搭載しているモデルが多く、通常のエギングロッドとは全く違うとても柔らかい穂先が特徴です。そしてライン選びも重要で、通常のエギングより深い水深で行う事が多いティップランは ラインが太いと抵抗で着底が遅かったり使い勝手が悪かったりします。基本的にはPEライン0.4号〜0.6号が基本となります。

 

 

仕掛け

仕掛けは非常にシンプルで、リールからの道糸にリーダーを2ヒロ〜2ヒロ半ほどとり、スナップ接続でティップラン専用エギ、もしくは通常のエギにウエイト(重り)を追加したものをつける。

 

 

(エギ・シンカー)

ティップランエギングでは、オカッパリで使う通常のエギに専用のウエイト(重り)を追加しティップラン仕様にしたエギ、もしくはティップラン専用のエギを用いる。双方ともに通常のエギよりも重く、水中での沈下速度も速いため深い水深でも攻略が可能である。

 

 

 

 

Copyright(c) 2015 ikapunch.com All Rights Reserved.