Tackle   〜どんな竿にどんなリール!?糸の太さや疑似餌の種類、便利グッズなどをご紹介〜

※クリックで各ゲームのタックル(道具)をご覧いただけます。

 

イカメタルゲームに必要な釣り道具

イカメタルゲームは基本的に非常にシンプルな仕掛けや道具で楽しむことができ、初心者の方や女性の方でも手軽に楽しむことができます。ここでは釣竿、リール、仕掛け、スッテの種類や使い分けなどをご紹介していきます。

 

 

釣竿・リール・糸

タックルはスピニング、両軸どちらでも基本的に行えます。6フィート(180㎝)〜7フィート台(240㎝)の釣竿であれば行えますが、より快適に・より楽しく・より多くイカを釣り上げたい方にはイカメタルゲーム専用タックルをオススメします。専用タックルを使うと「疲れず快適にイカを誘える」「タナ合わせが容易」「イカの当たりを明確に捉えることができる」などの 利点が生まれよりイカメタルゲームを楽しむことができるでしょう。

イカメタルゲーム専用ロッドは「ソリッドティップ」という非常に繊細なティップ(穂先)を搭載しているモデルが多く、イカの小さく繊細な当たりをティップの動きに明確に変換してくれる。 またカウンター付きベイトリールは、誘っているタナが一目で分かりタナ合わせも容易で大きなアドバンテージとなる。

 

 

仕掛け

仕掛けはシンプルで鉛スッテを一つだけ付けるパターンから、エダを出し1〜2本のエギや浮スッテを付けるパターンもあります。

双方の仕掛けに利点があり、一つスッテの場合当たりがより明確に出やすく小さな当たりでもしっかり合わせる事ができ、ゲーム性も非常に高い。枝糸仕様の場合、その日のスッテのヒットカラーが見つけやすくパターンを構築しやすい。

状況によって使い分ける事により釣果UPに繋がる。

 

 

スッテ(エギ)

イカメタルゲームは基本的に5号〜20号までの重さの鉛スッテを、潮流の速さや狙う水深、イカの大きさなどで使い分けていきます。また、近年では鉛よりも比重の重い「タングステン素材」を使ったスッテも登場しています。

 

 

 

Copyright(c) 2015 ikapunch.com All Rights Reserved.