How to   〜どうやってイカを釣るの?そんな初心者の方にも分かりやすく解説〜

※クリックで各ゲームの釣り方をご覧いただけます。

 

ティップランとは!?

ボートエギングにおいて簡単にアオリイカを釣ることができる革命的な釣り「ティップラン」。 投げてエギがフォール中(落ちていく間)に当たりを感じ掛けていく通常のエギングとは違い、エギが水平移動している間にイカがエギを抱く釣りのため、「ティップ:竿の穂先   ラン:走る」の名の通り竿先に当たりが明確に出るので初心者の方でも楽しめる。

一般的にティップラン専用のエギ、もしくはエギに重りを付け足して使用する。イカの活性が低い時でも当たりが竿先に明確に出るので今まで乗せることができなかったアオリイカを釣ることも可能です。

 

釣り方

ここでは基本的なティップランの動作や手順をご紹介していきます。

①ティップランは船を風や潮に流した状態(どてら流し)で行い、下記の図の様に常に風上側に向かって釣りを行う。

 

②リールのクラッチを切り、エギをボトム(底)まで落とします。この際に水中に吸い込まれていくラインを観察すると、ボトムにエギがついた瞬間にラインの動きがとまるのでそれが着底の合図です。

 

③エギがボトムに着底したらすぐに数回(5回〜10回程)エギをリズムよくしゃくり上げます。この時リールを巻きながら行い竿のバッド(胴の部分)を利用し60度ほどのしゃくり幅で行う。大きく大げさにしゃくりすぎると、竿の穂先の部分にラインが絡み竿の破損につながるので注意が必要である。

 

④数回しゃくり上げた後、素早く糸フケをとり竿とラインの角度を90度ほどに保ち竿のティップ(穂先)が軽く曲がりラインが張った状態を作り出す。船が流れる方向と反対方向へエギを落としている為ラインを張った状態ではエギは水中で引っ張られ「水平姿勢」となります。この状態でイカの当たりを待ちます。5秒〜10秒ほどが目安です。

 

⑤穂先(ティップ)が軽く曲がりラインが張った状態から、曲がったティップがさらに曲がる、もしくは曲がったティップがまっすぐに戻ります。このティップの動きこそがイカが当たった瞬間です。この一瞬の当たりを見逃さない為にもしゃくり上げた後はティップの動きをしっかりと観察しましょう。

 

⑥ティップで当たりを感じたら間髪入れず竿をあおり合わせを入れましょう。しゃくり上げた状態からエギを水平姿勢に保つ為にラインを張った瞬間に当たることも多くあるのでしゃくり上げた後のラインの糸フケは素早くとりましょう。

 

⑦当たりがない場合は再びエギをボトム(底)まで落とし、再び③と④の動作を繰り返します。あまり長く繰り返すとボートからエギが遠くに離れ過ぎてしまうので3〜5回ほど③と④の動作を繰り返したら一旦手元までエギを回収し再びボトム(底)まで落とす様にしましょう。

 

 

 

Copyright(c) 2015 ikapunch.com All Rights Reserved.